ごあいさつ

ごあいさつ

 

はじめまして。株式会社帝國興産の代表取締役社長を務めています梶岡孝史と申します。
各位の皆様方には日頃より格別のご愛顧を賜り厚く御礼申し上げます。

株式会社帝國興産はおかげさまをもちまして創立25年を超え30周年目に向けて社員一同、
挙国一致
の精神で頑張っています。
激動たる四半世紀ものあいだ、多大なるご支援、ご愛顧いただきましたお客様をはじめ、諸関係者のみなさま方には 発展の礎を築いて頂きましたことを社員一同、あらためて心より御礼申し上げます。

はじめに、月並みの堅苦しい代表者挨拶文をだらだらと一読していただきますのは申し訳なく思い
どう表現すれば弊社の沿革、特徴、強み、コンセプトを前面に伝えることが
できないものかと悩みました。
結果、小さな工事会社であります故、大企業ぶらずに思ったまま、ありのままを文章にしております。どうかご了承の上、ご一読下さい。

平成元年の3月。昭和から年号が変わってまもない春、変革に追われる状況の中、
帝國興産は起業しました。
活動拠点を岡山県倉敷市水島工業地帯区とし、石油 化学 製鉄所向けのプラント配管工事 製缶 鉄工工事 また自動車 船舶 食品 産業に関わる設備工事に深く携わり、技術・知識・経験を積み重ねてまいりました。

数々の現場を手掛けるうちに後の優秀な仲間達と知り合い、また素晴らしいお客様とも
出逢いがありました。
当時の仲間は今も新たな仲間と共に忠実に『帝國』と言う神輿を力強く担いでくれています。
そして地元、岡山県倉敷市水島工業地帯を国内有数のコンビナート地区へと発展させ、
支えて来られました社長さま方とは今日まで変わらぬご愛顧を頂いております。
本当に良き社員とお客様に恵まれた事に心から感謝しています。それは確かに社の
礎石となり定礎となっています。

当初個人事業で営みながら平成5年に有限会社帝國興産へと社名変更。平成16年には
倉敷市水島松江へ工場を開設しプレファブ配管、製缶、鉄鋼の製作業務を受注してきました。
翌年の平成17年に株式会社帝國興産へと社名変更し業績も増益し、徐々に社員の数も
増えてきました。
しかしながら次第に不況の波と低価格競争に巻き込まれ激減してきます。
今以上の高度なレベルの施工、製作品の要求に応えられる技術力と高品質に徹底的こだわり
高める品質 生まれる信頼!』このスローガンを信念・バイブルと掲げ実行し、
今はメーカー様をはじめ大手各社のお客様方とお取引いただいております。

平成19年には建設業県知事の許可を受け、各省庁 事業団 県 市町村発注である
公共工事へと入札参入し給排水衛生設備工事、空調調和設備工事、耐震補強工事、
消防設備工事、機械器具設置工事と、新たな事業も取り組み今日に至っています。

私達の施工する配管工事・設備工事という仕事はステージのセンターで
賞賛を受けることはありません。
華やかでなく地味で脇役的な役割かもしれません。しかしながら工場機械・機器設備・
また人々のライフラインへ大動脈を繋ぐという大きな責任ある使命を担っております。
常に与えられた仕事に常に感謝し、誠実であり、まごころと感動の心をもって望み
そしていかなる状況下におかれても、お客さまの視点に立って徹底的に検討し、
最善なる解決策を導きご提案致します。

過去に施工した工事の中には難題な案件も多々あり、数多くの失敗と、未熟さ悔しさを、
ずいぶんと経験してきました。
その苦い経験こそが学びとなり、後の財産となり、技術の蓄積となって
今の大きな原動力となっています。

まもなく迎える次の30周年へ向け更なる発展を求め、決して近道をせず、
地域にしっかりと根幹を据え、 今以上、社会に貢献できる企業活動をお約束します。
今後とも株式会社帝國興産をどうぞ宜しくお願い申し上げます。

貴方がとても素晴らしいお客様であることに感謝します
thankyou for great customer!

,

 

株式会社 帝國興産
代表取締役社長

梶 岡 孝 史

ごあいさつ

帝國理念

00   消防設備点検・工事   00   00